ヨーロッパ生活情報

【海外在住】日本の携帯番号を0円で維持。楽天から「povo 2.0」に移行してみたら。メリット・デメリットは?

Amy

こんにちはこんばんは、Amy(akane0109) です。

海外に長期滞在するとなると、日本で契約している携帯をどうするか、悩むところですよね。私は現在スイスに在住していて、日本の携帯番号はpovoで維持しています。

以前は楽天モバイルの無料プランを利用していたのですが、2022年の7月1日からそのプランが有料になってしまい、多くの海外在住者が楽天からpovoに移行したプチ騒動がありました。私のそのタイミングで楽天からpovoに変更をしました。

実際にpovoを利用してみて、メリットとデメリットをまとめてみました。ちなみに私は、現在スイスでこのような携帯の使い方をしています。

スイススイス現地で携帯番号を所持
日本に電話をかける時Skypeで必要な時だけチャージして使用
日本の携帯番号povoで0円で維持

povo2.0 の基本情報

povoとは、KDDIが展開している低料金スマホプランです。以前、管元総理が政策のひとつとして「スマホ料金値下げ」を掲げていたのですが、その時にKDDIが打ち出したプランがこのpovoです。

サポートはチャットのみとなっていますが、海外在住者は基本的に使用はしないと思うので特に不便に感じたことはないです。以前チャットでアプリの操作方法や、トッピングの購入方法について質問をしたらすぐに回答を貰えました。

楽天モバイルからのMNP移転の際も、手順が丁寧に書かれていたので、スムーズに行うことができました☺︎

povoで携帯番号を維持するメリットは

基本月額料金が0円、契約事務手数料も0円

他社の低料金プランや格安SIMとは違い基本月額料金が0円のため、必要な分だけ自分でカスタム(トッピング)をして無駄のない料金で使えるメリットがあります。

基本料金がかからないことから、海外に住んでいて日本の携帯番号を維持したい人にはぴったりですね。

※:同一名義で累計6回線以上契約をすると、税込3,300円/回線の契約事務手数料がかかります。

eSIMで申し込みをすれば、オンラインで契約・乗り換えが全て完結

eSIMは携帯にデータを落とし込んで、新しい携帯プランを開通させる方法なので、有効な身分証eSIM対応端末が手元にあれば、全てオンラインで契約が可能です。

私はスイスから契約をしましたが、eSIMのおかげで日本に住んでいなくても簡単に楽天から移行することができました。従来のSIMカードは郵送でカードを受け取って、そのカードを差し込む動作が発生するので、その工程が省けるのは非常に嬉しいですね。

※日本に籍がない海外在住の方は、原則申し込みが不可とのことなので、事前にpovoに確認されるか、自己責任でお願いいたします。

ご自身の携帯がeSIM/SIMに対応しているかどうかは下記からチェックが可能です。

・eSIM/SIM対応端末の確認はこちら https://povo.jp/product/

povoを使用していて、デメリットと感じることは

SMS認証に引っかかる…

日本のサイトにログインしようとすると、SMS認証に引っかかりログインできないことがあります。日本のAmazonのサイトはSMS認証が必要です…。

楽天モバイルなら、この問題を解決できるのですが、SMS認証のためだけに月々1000円払うのも微妙なところですし、日本のサイトも頻繁にログインするわけではないので、いい解決策はないかなと模索中です。

※会社によっては、SMS認証からメールアドレス認証に切り替えてくれるサイトもあるので、ダメ元で問い合わせてみるのもアリです。

海外では通話やデータ通信ができない。 ※2023年1月時点

このブログを執筆している時点では、国際ローミングは対応していないですが、海外在住の日本人が多く需要もあると思うので、サービスの提供は近々あるのではないかと思います。

上記の公式サイトにも提供予定と記載があるので、楽しみですね!

povoで携帯番号を維持し続けるための注意点

180日(半年)に1回は有料トッピングを購入しなければいけない

基本料金は0円ですが、無条件で維持できるわけではなく、Povoは「180日間以上有料トッピングの購入等がない場合、利用停止、契約解除となる可能性があります。」と公式サイトに明記されています。

もし日本に半年以上帰国できない人の場合は、一番安いトッピングでも220円なので、こちらのトッピングを購入すれば維持することができます。下記のsmash.使い放題パック(24時間)というトッピングです。

smash.使い放題パック(24時間)

まとめ:維持費用を抑えたいなら、povoで十分

年間500円以内で携帯番号を維持できるのは、とてもありがたいことですし、日本に帰国した際に簡単にSIMを切り替えられるので便利ですよね。

povo公式サイトはこちら:https://povo.jp/

私のpovoの紹介コードをこちらに記載しますので、もし宜しければ契約時に「キャンペーンコード/紹介コード」欄に入力しご利用ください。

povo紹介コード:LDU024RQ

【紹介特典1】

紹介された方が「povo2.0」を契約すると、SIMの有効化またはeSIMの発行後、自動で「データ使い放題(24時間)」が1回適用されます。

【紹介特典2】

紹介された方が「povo2.0」を契約後、初めて購入したデータトッピングに応じて、「データ使い放題(24時間)」をプレゼントします。

海外にいながら日本のサイトをよく使ったり、日本に電話をかける人は楽天モバイルの方がいいかも。

海外にいながら日本のサイトで頻繁に購入をする人や、日本に頻繁に電話をかける方は楽天モバイルに加入した方がストレスがなくていいと思います。

上記で記載した通り、povoはSMS認証ができず、楽天モバイルはSMSを受信できるのでスムーズにログインができるからです。

また楽天のメリットは、フリーダイヤルの日本の番号に電話ができることです。

私はどうしても日本に電話しなければいけないときは、スカイプで電話をしています。しかし、スカイプはフリーダイヤルに電話ができない為、別の番号を探さなければいけないことがあります。

povo、楽天モバイルにはそれぞれメリットとデメリットがありますので、自分に合う方を見つけていきましょう☺︎

ランキング クリックしてくださると嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
ABOUT ME
Amy
Amy
横浜育ちの32歳
スイス🇨🇭ドイツ語圏に21年から住んでいます。Amyです。

ドイツ語さっぱりの日本人が結婚を機にスイスに移住。
カルチャーショックを受けながらも田舎町で生存中。
スイス・ヨーロッパ生活の暮らしの情報を発信しています。

20代の時は恐ろしいフットワークの軽さでフィリピン留学、AUSワーホリ、アメリカオペアを経験。

一番好きな国は、実はフランス。

記事URLをコピーしました