ベルンから日帰りで行ける観光地 【ブラウゼー自然公園 Blausee】

こんにちはこんばんは、ベルン在住のAmy(amy1991aka) です。

ベルンは1日もあれば観光ができるコンパクトな街なのですが、ベルンから羽を伸ばして少し違った場所に行きたい方もいらっしゃるのではないかと思います。

今回はベルンから日帰りで行くことができる、おすすめのスポットを紹介します。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スイス生活に奮闘するアラサー記録。(@akane0109)がシェアした投稿

ベルンから1時間ほど 〜ブラウゼー自然公園 Blau see〜

ブラウゼーはベルン州のカンダー谷にある湖で、海外からの観光客のみならず、スイスの現地の人も多く訪れる人気スポットです。ベルンから出発する場合は、電車とバスで簡単に行くことが可能です。ただ他の都市から行かれる方は、車の方が乗り換えが少なく楽かもしれません。

Blau see とは、ドイツ語で青い(Blau)湖(see)という意味です。覚えやすくて良いですね。笑

このブログに載せている写真は、全て私がiPhone11で撮影したのですが、いかがでしょうか。なかなかここまで透明度の高い湖は、世界中を探しても中々見つからないのではないのかなと思います。

ブラウゼーの滞在所要時間は2−3時間見ていただければ十分かと思います。

またお魚が沢山泳いでいるのが見えますが、この湖ではマスの養殖を行っていて、実際に湖畔にあるレストランでマス料理を楽しむことができます。この透き通ったお水で育てられたマスは、きっと美味しいでしょうね。

↓ 下の写真に写っているのが、湖畔沿いにあるレストランです。

また湖畔沿いにカフェもあり、私はそこで湖を眺めながら休憩を取りました。

湖の行くまでの小道もまた魅力

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Blausee(@blausee.ch)がシェアした投稿

入場ゲートから湖まで行くまでには、10分ほど緩やかな森林道を通って湖まで向かうのですが、その小道も緑が鮮やかで、空気がひんやりとしていてとてもリラックスができます。

冬は雪が深く歩きにくくなるため、やはり5月−9月ごろに行かれるのがおすすめかなと思います。

 

Blausee 公式サイトより:https://www.blausee.ch/de/kontakt-anreise/#%C3%B6ffnungszeiten

小道も5パターンぐらいあり、緩やかで短いルートのため、色んなルートをゆっくり歩いて周るのも素敵ですね。

湖に沈んでいる女の子の像の正体

湖の周りを歩いていると、湖の底に女性の像のようなものが沈んでいるのが見えます。

この像にはきちんと物語がありまして、公式サイトから翻訳をしてみました。

ブラウゼーの伝説

カンダー谷の上流に何ら変哲もない湖があった。その湖の近くに少女が住んでおり、少女は羊飼いの少年に恋をしていました。夜になると2人はしばしば湖へ行き、ボートに乗って2人の時間を楽しんでいた。しかし少年は山中で突然転落死してしまい、少女は悲嘆に暮れる。

少年のことが恋しくてしょうがない少女は何度も湖へ足を運ぶ。そしてある朝、船(少女)が水底に沈んでいるのが発見される。それから湖の色は深い現在の青色に変わった。

人々は、これは不幸の恋の涙であり、水は不幸な少女の目のように青いと言った。

なんと、この像は悲しい少女の物語でした。

 

ブラウゼーは、愛の不時着の観光地より穴場かもしれません…。

22年7月現在、今スイスにかなり観光客が戻ってきていて、特に「愛の不時着」のロケ地、インターラーケンはかなり混雑しているようです。

ロケ地には記念撮影を撮るための長い行列ができているんだとか…。私がスイスに来た2021年は、まだコロナの影響で人が全然いなかったのですが、今年に入ってだいぶ観光客が戻ってきた模様です。

ブラウゼーも人気の場所ではあるのですが、「不時着」のロケ地ほどではないと思うので、少し人混みを避けたい方、外国人の観光客に定番の観光地を避けたい方にブラウゼーはおすすめします。

ブラウゼー自然公園 情報

公式サイト

https://www.blausee.ch/

※ 英語、ドイツ語、フランス語のみなので、Google翻訳をご使用ください。

Instagram  https://www.instagram.com/blausee.ch/

住所

Blausee Naturpark, 3717 Blausee

 

営業時間と入場料 (22年7月現在)

コロナの影響もあり営業時間に急な変更が出る可能性もあるので、事前に公式サイトにて確認頂くことを強くおすすめいたします。

ワンちゃんの入場料は無料だそうです。

自然公園: 09.00 a.m. to 07.30 p.m.
レストラン: 11.00 a.m. to 4.30 p.m.

午前9:00から

月〜金曜日

土曜日・日曜日と祝日

大人 CHF 10.00 CHF 12.00
6〜15年 6.00スイスフラン CHF 8.00
5歳までの子供 無料 無料
     

午後18:00以降

月〜金曜日

土曜日・日曜日と祝日

大人 CHF 8.00 CHF 10.00
6〜15年 CHF 4.00 CHF 6.00
5歳までの子供 無料 無料

アクセス方法

電車とバスで行く方法と、車で行く方法の2パターンを記載しています。

1. 電車とバスで行く方法 ※ベルン出発の場合

所要時間1時間15分ほど。

Bern駅から出発。

Brig行き(IC6)の電車に乗り、Spiez駅下車。

Spiez駅から

Domodossola行きの電車に乗り、Frutigen駅で下車。

Frutigen駅前から出ている (230線)Kandersteg, Bahnhof行きのバスに乗り、

Blausee BE駅で下車。徒歩1分でBlauseeに到着。

2. 車で行く方法

ベルンからブラウゼーまでおよそ57km。所要時間50分程度

Spiezから Frutigen → Kandersteg に向かって進みます。Kanderstegの直後に、標識に従ってください。駐車場はブラウゼーに隣接しており、料金は2時間で3スイスフランほど(22年7月現在)。

まとめ

スイスでは絵葉書に書いてあるような、美しい景色が本当に沢山あります。スイスで写真を撮ると、フィルター・画像加工を使う必要がないぐらい鮮やかで、どうやってこんな綺麗な景色が生み出されたのだろう…といつも不思議に思っています。

Blauseeの近くには、Oeschinenseeという有名な湖もありますので、そちらもまた別記事で紹介して行きたいと思います☺︎最後までお読みいただきありがとうございます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ランキング クリックしてくれると嬉しいです♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへにほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ

\  Follow 大歓迎です  /
Twitter   Instagram

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA