国際恋愛。自国でパートナーを支える大変さ。

こんにちはこんばんは、Amy(amy1991aka) です。

アメリカに住んでいた時、当時付き合っていた彼(現地の人)から

「関係に少し疲れた」と言われたことがあります。

でも、その時の私は彼が何が原因で疲れたのか、はっきりわからず、趣味の不一致が原因なのかなと思っていました。

ただ、今になってなぜ彼が「関係に少し疲れた」と言ったのか、彼の気持ちが痛いほどにわかるようになりました。

帰国して1年半後にやっと気づく私。元カレよ、すまん。笑

 

パートナーが外国人で、そのパートナーを自国でサポートしなければいけない大変さ。

私が今お付き合いしている彼はスイス人で、現在東京で暮らしながら日本語学校に通っています。現在グローバルに就職活動中。

そして私は日本で会社員として働いております。

はい、アメリカにいた時の私が、今の彼の状況とまさに一緒で、立場が逆転しているだけなのです(笑)

そして、私が彼を日常的にサポートしなければいけない状況が多く、まさに「なんか疲れた…」と思ってしまうことが多いのです。

外国に住むと必然的に立場が弱くなってしまうもどかしさ

何でもないお買い物だったり、役所の手続きも、海外でするとスムーズに行かなかったりして、気づかないうちにストレスが溜まっていきます。

どんなに言語能力が高かったとしても、異国で暮らすとなるとどうしてもネイティブのパートナーのサポートは必須になってきますよね。

 

お互いが共倒れしない為に。

疲れるなら国際恋愛しなきゃいいでしょ。と言われたらそこまでなのですが、好きになった相手が外国人なのだから仕方がない。

パートナーを頼るのはいいのだけど、「依存」 するのは非常に危険だと思います。お互いにいいことが何もないですし、悪い結末しか待っていません。

彼からも普段からよく言われています。

「スイスに僕と一緒にきて欲しいけど、金魚のフンにはならないで」と。笑

 

異国に住んでも、自分の存在意義を持つことが大事

目標もなく、存在意義を持たないまま異国に移住すると、一番パートナーに負担をかけてしまいます。

何よりそんなパートナーだったら、魅力的じゃないですよね。

パートタイムでも内職でも何でもいいから、何か仕事を探す、もしくは学校に通い博士号を取るとか、専門知識を勉強するとか、何か目標を持って現地で生活することがとても大事だと思います。

金銭的な面でも、働くことって非常に大事だな〜と改めて思いました。

彼はちゃんと勉強もして、毎日就職活動もしているので、アメリカにいた時の私よりよっぽど偉いんですけどね!

地味に毎日イラっとするのは、レストランやスーパーで会計をする時に、店員が彼にではなく、絶対私にしか話しかけてこないこと(笑)

彼、白人だからでしょうね。日本語ペラペラなのに!

そんなことでイライラしている私はしょうもない人間なのですが、国際恋愛をしたことがある方は共感してくださったら嬉しいです。

思ったことをつらつらと書いてしまいました(^^)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ランキング クリックしてくれると嬉しいです♡


\  Follow 大歓迎です  /
Twitter   Instagram

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA