アメリカでAupair(オペア)になるには

 

アメリカで生活してみたい、アメリカのカルチャーが好き。
アメリカで英語を勉強したい。

そう思ってる方も多いはず。

アメリカは年々ビザが取りづらくなっていて、ワーホリビザがないので
簡単に住める国ではないです。
留学に行くにも莫大なお金がかかるので全ての人が行けるわけではないですよね。

私はAupair(オペア)制度を使って今アメリカに滞在しています。
Aupairになれば現地で働きながら学校に行くことも可能です。

今回はどうやったらAupairになれるのか、詳しく書きたいと思います。

Aupairってなに?

ホストファミリーと一緒に暮らしながら、ホストキッズのお世話をするチャイルドケアのお仕事です。最短1年、最長2年アメリカに滞在できます。オペアは週に最大45時間(ファミリーによる)の労働をするかわりに、ホストファミリーに個室、食事を提供してもらい、週給$195.75のお小遣いをもらうことができます。

またオペアは年に72時間学校に行くことが義務づけられており、その学費も$500まではホストファミリーが負担してくれます。

Aupairエージェンシーに登録する

アメリカでオペアになるには、必ずオペアエージェンシーを通さなければいけません。
オペアエージェンシーは何社かありますが、私が申し込みをしたのはAupair AIJさんです。

Aupair AIJ 公式サイト
http://www.aupairaij.com/index.html

お値段も良心的でスタッフの方もとても親切です:) おすすめのエージェンシーさんです。
今回ブログを書くにあたって情報を参考にさせて頂きました。

Aupairになるための準備資金はいくら必要?

登録するエージェンシーに払う金額にもよると思いますが、
50~60万ぐらいあれば十分かなと私は思います。

渡米前にかかる主な費用は、これだけ

・オペアエージェンシーに支払う登録料 10万〜30万(会社によって金額が全然違います)
・ビザ申請料 $160
・病院で発行してもらう英文の健康診断書 (私の病院は¥5000でした)
・エージェンシーや大使館に面接に行く時の交通費

なお、

・日本からアメリカ間の往復航空券代(帰国便はちゃんと任期を満了した場合)
・アメリカの健康保険代

はホストファミリーが支払ってくれるので、オペア本人が支払う必要がありません!

私がオペアになる為に準備した資金は約50万
渡米した時の所持金はたった20万でしたが、全く問題なく生活しています。
1年目は沢山旅行に行きましたが、1年間で$3500(約37万)貯金できました。

オペアは1年でいくら貯金できるのか公開します!

2018.08.23

Aupairになるための条件

1、18〜26歳である(27歳になるまでに渡米できればok)
2、健康である
3、子供が好き
4、高卒以上の学歴
5、過去の犯罪歴がなし
6、最低限の英語のコミュニケーションができる
7、200時間以上の保育経験がある

Aupairになるまでの流れ

1、保育/教育経験時間を200時間以上作る ←1番先にやっておくとスムーズに進みます
2、エージェンシーに登録
3、エージェンシーの人と面接、簡単な英語面接をクリアする
4、申請書類の準備&完成
5、ホストファミリー探し
6、ビザ申請、大使館で面接
7、オンラインでトレーニングを受ける(AIJの場合)
8、渡米

Aupairになる為の道のりは長いです。笑
私の場合保育経験が0だったので、渡米までに10カ月ほどかかりました。

元保育士じゃなくても大丈夫

私は日本ではずっとホテルの仕事をしていたので、保育経験は0からのスタートでした。
Aupairになるためには保育経験が最低200時間ないといけません。(2歳児以下なら尚良し)
私の場合は半年間保育園でアシスタントのアルバイトと、知り合いの赤ちゃんのお世話をして
保育時間を200時間以上作りました。

エージェンシーに登録した時に、保育経験時間をクリアしていないと
先のステップに進めないので、できるだけ早く保育経験時間をクリアしてください。

英語力に自信がなくてもなんとかなる

本人のガッツ次第です。笑
私は以前オーストラリアでワーホリをしていたので、アメリカンのホストファミリーとなんとか上手くやっています。日米ファミリーも沢山いるので英語に自信のない方は、1年目は日米ファミリーが安心かなと思います。
もちろんアメリカに行くなら英語の勉強は必死にしてください(・`ω´・ )

でもこれは断言できる。ワーホリよりオペアの方が辛いw

オペアは簡単じゃないです。とってもストレスフルな仕事です。
「オペア留学」という言葉をサイトでよく見ますが、実際、オペアは留学じゃなくて仕事です。なのでこのブログではオペア留学という言葉を使ってません!

留学気分で来ている私の周りのオペアの子は、だいたいホストファミリーとトラブル起こしてます。笑
最悪は強制帰国です。他人同士が同じ屋根の下で毎日暮らすのはお互いに気を使い簡単なことではありません。

ホストファミリーとのコミュニケーションが一番大事
普段からホストファミリーときちんとコミュニケーションを取って、
何かわからないことがあれば問題をそのままにせず連絡、相談する。

ホウレンソウ(報告、連絡、相談)はアメリカでも重要です皆さん。笑
これをやっていれば楽しいオペア生活が送れると思います!

私はアメリカに来て良かったと思ってるし、
楽しいことも沢山あります!

何かオペアのことに関して
ご質問があれば気軽に聞いてください(^^)

こちらの記事も合わせてどうぞ。

オペアのエージェンシー選び 現役オペアのおすすめは?(2019年版)

2018.11.28

オペアのホストファミリー探し、インタビューで確認するべきことは?

2018.09.11
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ランキング クリックしてくれると嬉しいです♡


\  Follow 大歓迎です  /
Twitter   Instagram

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA